エコウォーター サーバーは本当にエコなのか?

エコウォーターサーバーってしってますか?ウォーターサーバーは無料レンタルがあたりまえの時代も終焉を迎えてきているのでしょうか。付加価値として「エコ」機能を搭載したウォーターサーバーが続々登場しています。有料レンタルではあるものの需要は非常に多く、一部ウォーターサーバー会社では生産から提供が追いつかないという状況も発生している様です。

エコウォーターサーバーは比較して電気代はどのくらい安くなるの?

エコとつければ何でもいいと考えている企業もいる時代ですから、ウォーターサーバーも所詮そんなもんでしょ。って私も考えていましたが、実はそうでもないのです。人気ウォーターサーバーは冷蔵庫と同じで365日電源を入れてつけっぱなしの電化製品ですよね。

だから、電気代は差がつく。メーカー公表のデーターを比較してみると平均的に通常の電気代は1000円~1500円程度。これをエコウォーターサーバーに変更する事で500円などになるわけだ。有料でレンタルしているだけのことはある。

しかし、この数字はあくまでも仮定の数字であり生活しているうえで本当にどの程度の節約が出来たかどうかを検証するのは難しいだろう。

省エネモードから通常モードに切り替えてしまうとあまり意味が無い?

良いことだけいうのは簡単で、最近のエコウォーターサーバーは省エネと通常のモードという切り替え機能が付いている。ウォーターサーバ本体も使わない時は自動でエコ活動を行ってはくれるが、実質的にこの省エネモードを使わないと金額的に1000円ほどの節約をするほどの効果は発揮しないであろうと思われる。

但し、この取り組みは非常に素晴らしいと思う。ウォーターサーバーは今や600万代が各家庭に設置されているわけで、全員がこれを実行すれば相当な電気の節約になるのではないだろうか。

リサイクルされるウォーターサーバーのガロンボトル

エコという意味ではサーバー本体にせっちする、ボトルにも環境を考えているかどうかが現れている。ボトルには2種類あり、業者が配達から回収をしてくれるガロンボトル。もう一つはペット樹脂で作られた捨てられるタイプ。

これはどちらがよいのか。ペット樹脂はリサイクルに回すことが出来るボトルなので、今現在の規格にあったエコ活動ともいえるでしょう。 一部ではリサイクルのペットボトルは、結局元に戻すまでに大量の石油を使うためリサイクルになってはいないと論じる人もいます。本当にそうなのか?私には実際はわかりません。

ガロンや回収型のボトルは回収して清掃して、再度利用するので間違いなくエコであるといえます。

宅配エリアの距離 運送費に無理が無いかもエコの一つ

以外とエコって単純なことで、商売と利益を追うとなると無理が生じてきます。大手のウォーターサーバーは性能も高くエコ機能がついていてエコに感じますが下手をすると他の部分で石油を消費しまくっているかもしれません。例えば海外の水なんて運送費用にどれだけのエネルギーを使っているか。想像もできません。

エコだけの視点でみればの話ですが、採水地は日本の水を利用していて、できれば加工工場が近隣の都道府県でありたくさんの契約数がある会社を選ぶことがエコにつながるでしょう。たくさんの契約をしていれば、ついで程度で配達が出来るので運送費コストは極端に下がると言えるでしょう。

CO2削減とエコの歴史って意外と浅い

1997年12月にひらかれた京都議定書で地球温暖化防止会議(2015年にもフランスのパリで行われている)としてCO2の削減が目標設定されそれからエコとか企業も温暖化対策に貢献していますなんてさもいいこちゃんぶっている人達が増えてきたと思います。イイ子ちゃんぶってるっていうのは言いすぎですが企業として特にco2出していないのに削減をがんばるというのは違う気がするんですよね。

約20年前にそういう目標が掲げられていたのに実際はそんなに削減ができていないのが現状なのでしょう。

できる会社が一つ一つ良心でやっていくしか削減する方法はないのではないかと。 もちろん、そうやってアピールすることで、あそこがやっているならうちもやらないとねと広がっていくでしょうから、実質的にco2を削減できる活動をしているならいいとは思います。

で話がすごくそれてしまったのですが、ウォーターサーバーにもエコサーバーがあるのですが、これは企業としてはエライと思います。開発費も相当かかるでしょうしね。